脊柱管狭窄症

2013112713570000

 

こちらのボディケア・メンテナンスで使用している この治療台は折りたたむことも可能です。
先日は横浜市のあるイベントに、この治療台とともに参加させていただきました。

やはり首・肩・腰などの不調にお悩みの方は多いのですね・・、あらためて実感しました。
そして この不調がしびれとなってあらわれてくるとなかなかやっかいになります。
このときもいらっしゃいました。
ある方は腰部脊柱管狭窄症と診断され、手術もされたのですがその後も不調が続き、しかも左腕もしびれてしまって・・、と悩まれていました。

この症状は 背骨・脊柱の後ろ側にある神経の通り道である脊柱管が何らかの原因で狭くなってしまうことによっておこる不調で、この方は腰・背中・そして左腕のしびれと症状があらわれてしまっていました。

 

この方は左側の腰から下半身、そして特に背中の筋肉がかなり硬直・緊張してしまっていて その緊張がゆるむと、
「スゴイ楽になり、しびれもなくなった ♪♪」 と喜んで下さいました ☆☆
この背骨・脊柱をふくむ首・頸椎から腰・仙骨までの脊椎は神経の大きな通り道です。

この方はカラダの左側のバランスが悪くなり、その神経の圧迫が首・頸椎から左腕にまでおよび しびれとなってあらわれていました。

 

そのほかむち打ちやヘルニアも同様に神経の圧迫から首・腰から腕や脚にまでしびれの症状が出ることもあります。

こちらのボディケア・メンテナンスでは このようなお悩みにも対応させていただいております。
http://www.fiziks.jp/bodycare

 

「ふつうの手でおこなうマッサージや治療は逆につらくなってしまうんだけれど、これは大丈夫でよかった ♪♪」とのことでした(^^)

 
このイベントには外国の方も来られていました。
「 Neck・・・」 という英語オンリーの女性の方にも ご案内させていただきました。

お悩みのように 首と肩・僧帽筋の緊張・硬直がひどく、私もコミュニケーションに四苦八苦しながらだったのですが(^^)、そのバランスも整い症状も改善されると、ニコニコで記念撮影もされて終了されました ☆☆